便秘になった時はいつもこれ!

基本的に便秘になることはないのですが、ストレスが溜まったり、あまりにも忙しいという時というのは、どういうわけか便意を催しません。そんな日々が続くと、2日3日、普通に便秘になってしまうことがあり、気持ち的にも重く、体もやはりお腹の周りがずっしりとしている感じがします。

そんな時に私がいつもやる方法は、体にはあまりよくないのでしょうが、朝ご飯の際に、できれば、朝ごはんの前には飲み物すら口に入れないようにして、刺激物をたっぷり食べるようにしています。

例えば、私がよくやるのは、メキシカンサルサを作るのですが、赤いトマトをすりつぶし、そこににんにくとパクチーとたっぷりの生のチリをすりつぶし、塩を和えるだけのサルサです。ちなみに、トマトとチリはフライパンなどで素焼きしてください。それを野菜スープなどにたっぷり入れたり、茹でた鶏肉にたっぷりとかけて朝から腸や意を刺激するのです。そうすることで、その日の内に必ずと言ってよいほど便秘は治ります。

しかも、たまっていればたまっているほど出る量はもちろん多いですし、何度かトイレに行くことになるくらいの効果です。それでも出ないということがあるのですが、そういう時は、毎食そのサルサ、もしくは七味唐辛子などをたっぷりと食事にかけて食べると、更に腸を刺激するので、そうしています。

朝市で口にするものは腸にかなり影響しますので、この便秘解消法は過激かもしれませんがおすすめです。乳酸菌革命 効果